事務所ご挨拶

「Speed & Quality」を追求し、
顧客の知的財産戦略を
高度にサポートし続けます。

当所は1979年に山本秀策特許事務所として設立して以来、一貫して欧米やアジア、国内の企業に対し、その企業が持つ知的財産を「ビジネスを勝ち抜くための財産」として活用していただくためのサポートを行ってまいりました。得意としている分野はバイオテクノロジー、化学および生命科学分野に始まり、電子工学、コンピュータおよび機械工学分野など多岐にわたります。また、当所の特徴は何より「Speed & Quality」を実践することにより、世界中のクライアントから「日本と世界の知的財産問題に対する迅速・高品質なサービス」を提供できる特許法律事務所として評価を得続けていることだと自負しております。

2014年より事務所名を山本特許法律事務所と改め、これまで以上に幅の広いサービスをご提供できる体制を整えております。今後も、当所所属の弁護士・弁理士、外国弁護士をはじめ、IPパラリーガルや翻訳担当といった事務スタッフに至るすべてのスタッフが「すべてはお客様のために」を合言葉に日々研鑽を積んでまいります。

山本特許法律事務所

創設者からの
2020年冬・春のご挨拶

ご関係の皆様

「文化は偉大な結果をもたらす。」伝説のCEOジャック・ウェルチの言葉です。それは、当事務所にも当てはまります。オーナーである山本健策は、単にお客様の期待に沿うだけでなく常にその期待を超えるような事務所作りをして参りました。

私たちのオフィス文化の主たる特徴、「顧客優先」の実践とは、お客様の心を汲み取り、協力し合い、しかも大胆に行動して、法的成果をお客様にお届けするということです。私たちはこの思いで、強力で実践的かつプロフェッショナルな法的サービスを、国内外を問わず世界中のお客様にご提供することで未来を確実に切り開いて参りました。

この厳しい経済状況下でも、お客様の法的利益、規制上の利益、そして知財権上の利益を保護することが、イノベーション主導型企業様のビジネス戦略に重要な役割を果たすこととなり、競合他社からの優位性へと繋がっているのです。

私たちの目標は、私たちが法律専門家のグローバルな精鋭集団の1つであって、複雑化した法的業務に対する解決策を必要とするお客様にとって常に最初の相談窓口となることです。このニーズにお応えするために、当事務所の多様性に富む所員一同が、オフィス文化を決定づけるDNAとなっています。帰属意識と多様性が、より強力なチームと協調性を築き、より高度なパフォーマンスを発揮させ、益々多岐に亘るお客様の要望を満たすことになるのです。当事務所の繁栄は、今日まで頑張ってきた所員の多様性と高度な教育レベルと経験がこれを物語っています。

私たち大阪、東京、福岡、福島、南京の各事務所は、法律・規制・知財のコンサルティングサービスを一丸となってお客さまのために提供し、絶えず前進して参りました。

新たな年が明けました。昨年までと同様、協力し合い、優先事項に注力し、お客様を最優先に考えることで、有益な結果に必ず結実させます。

新年2020年は、十二支の最初の年です。子年は、生来の素質と集中力そして機敏さによる繁栄を約束する象徴です。しかもビジネスで秀でるために必要とされる資質の象徴でもある年です。

お客様と当事務所の今日までの繁栄と将来の更なる繁栄は、これら子年の持つ特質によると言えるのかもしれません。この子年から始まる新たな時代を私たちは大いに歓迎いたします。

2020年も皆様にとりまして幸多く健やかな年でありますよう、心から祈念申し上げます。

SHUSAKU•YAMAMOTO
弁理士  山本秀策