事務所ご挨拶

「Speed & Quality」を追求し、
顧客の知的財産戦略を
高度にサポートし続けます。

当所は1979年に山本秀策特許事務所として設立して以来、一貫して欧米やアジア、国内の企業に対し、その企業が持つ知的財産を「ビジネスを勝ち抜くための財産」として活用していただくためのサポートを行ってまいりました。得意としている分野はバイオテクノロジー、化学および生命科学分野に始まり、電子工学、コンピュータおよび機械工学分野など多岐にわたります。また、当所の特徴は何より「Speed & Quality」を実践することにより、世界中のクライアントから「日本と世界の知的財産問題に対する迅速・高品質なサービス」を提供できる特許法律事務所として評価を得続けていることだと自負しております。

2014年より事務所名を山本特許法律事務所と改め、これまで以上に幅の広いサービスをご提供できる体制を整えております。今後も、当所所属の弁護士・弁理士、外国弁護士をはじめ、IPパラリーガルや翻訳担当といった事務スタッフに至るすべてのスタッフが「すべてはお客様のために」を合言葉に日々研鑽を積んでまいります。

山本特許法律事務所

創設者からの
2019年夏・秋のご挨拶

ご関係の皆様

「真の知性の証は、知識ではなく想像力だ。」アルバート・アインシュタインの言葉です。

当事務所は、そんな偉人の言葉を知らずに設立以来終始一貫、知識だけに頼ることなく、正に想像力をお客様への法的解決策に活かし続けています。想像力と創造力を駆使して解決にふさわしい道を探し、探せないときには新たに道を作ってしまう気概でいます。そうだからこそ、お客様に繰り返し当事務所へ来ていただけるのです。しかも、新規で深くかつ非常にチャレンジングな法的課題を持って。これが、ほぼ40年間に亘り世界有数のイノベーターであるお客様やその代理人の方々に途絶えることなく私たちの有益な法的サービスを求めていただける理由なのです。

今年2019年の春、当事務所は光栄なことに、代表山本健策のリーダシップの下、中国の南京市江北新区にオフィスを開設しました。海外拠点はこれが初です。イノベーションに国境はありません。私たちは、南京そして中国のハイテク・イノベーターの皆様を、知的財産ならびに企業取引・規制・紛争解決などの私たちの中核的な取扱い分野において、支援させていただきます。

私は1979年9月20日にこの事務所を開設しました。以来、当事務所は優れた法的サービスを提供するという評価を頂いて参りました。世界中のお客様から認められた事実です。私たちは、外向的で国際感覚をもった意志の高い集団です。個々の人材は、優れた資質・知性・精神力をもって実質的で実践的な法的成果をお客様にご提供させていただいています。

私たちは、お約束の期限と予算通りに、圧倒的な法的専門知識と経験を通して、合理的で実用的、しかもビジネスを考慮した法的成果をお届けいたします。だからこそのお客様からの評価です。私たちは明確で率直な見解をお届けし、それゆえに、お客様に様々な有効なオプションを理解いただけ、その時々の状況下において最大の確実性をもって決断していただいております。

当事務所の人材の優れた能力が、私たちを一歩抜きん出たものにしています。私たちは、最優秀な人材を世界中から精力的に呼び寄せ、育てています。それ故に、一貫して確実に一流の解決策をお届けできるのです。私たちは人材への投資を惜しみません。

最も信頼のある法律事務所の1つとしての地位に誇りを持って、これからも困難で重要な知的財産ならびに規制・企業・紛争解決などの問題を解決して参ります。所員一同を代表しまして、1979年9月20日の開設以来の全てのお客様とご関係各位の皆様から賜りましたご支持ご支援に深く感謝申し上げ、今季のご挨拶とさせていただきます。

SHUSAKU•YAMAMOTO
弁理士  山本秀策